2010年03月10日

武田式暗記術 林尚弘 口コミ

詳細はこちらをクリック





なぜ、多くの受験生は勉強法の基礎を学ぼうとしないのでしょうか?


英語や数学など、科目の基礎知識のことを言っているのではありません。効率的な勉強の仕方のことを言っているのです。


どんなジャンルの事をマスターするにも基礎が大事だ、ということは誰でも知っているはずなのですが・・・


なぜか、勉強法に関しては真剣に習得しようとする人が非常に少ない。
理由としては、


● 勉強法は習得するものだと思っていない
● 何をどう習得すればよいか、わからない
● 勉強法など、まったく考えていない
● 自分は頭が悪いと、諦めている
● 周りにやっている人がいない
● 面倒くさい


など、いろいろあるでしょう。


しかし、勉強法も1つの技術・テクニックです。適当に勉強したり、自己流の勉強法を行うより、きちんと効果が認められている勉強法をマスターするべきなのです。


勉強法のなかで、圧倒的に重要なのが暗記術です。どんなペーパー試験でも、出題範囲に関する知識の量が多ければ、それだけで圧倒的優位に立てます。


難関と言われている大学や資格試験は、天才しか受からないものでしょうか?
そんなことはありませんよね。


ふつう、難関試験でも満点を取る必要はありません。また、1番を取る必要もありません。100番とか200番で合格できます。


暗記術に長けていれば、天才なんかじゃなくても100番や200番に入る事は簡単にできます。


そして、非常に大事なことは・・・


「暗記術は誰でもマスターできる」


という事。


頭の良し悪しは関係ありません。なぜなら、暗記術はテクニックだからです。「こうすれば、短時間で大量の知識を記憶できる」という方法が確立されていて、その方法を実践するかどうかだけの問題だからです。


暗記術をマスターすることは、自動車の免許を取ることと同じだと考えるとわかりやすいかもしれません。


最初はできなくても、教習を受ける事によってほとんどの人が免許を取得できます。暗記術も同じです。


もしかしたら、「自分は頭が悪いから・・・」と思っているかもしれませんが、そんな事は関係ありません。だれでも暗記術をマスターできる方法が確立されているからです。


ここでは、そんな暗記術として「武田式暗記術」を紹介しましょう。
興味のある人は詳しく確認してみてください。


「武田式暗記術」はその名のとおり、武田塾が作り上げた暗記テクニックです。通常、塾や予備校は暗記術・記憶術の類は教えません。


なぜなら、経営にマイナスになるからです。暗記術・記憶術をマスターした受験生は、参考書などでどんどん勉強を進められるようになってしまいます。すると、塾や予備校の授業は必要なくなっちゃうわけですね。


ところが、武田塾は暗記術を教えているのです。
それは、授業をしない日本初の塾だからだそうです。
つまり、授業料収入には頼っていないという事ですね。


「武田式暗記術」の実績は、にわかには信じられないかもしれません。


● 300ページの参考書を6日で暗記
● 偏差値38の生徒が半年で早稲田大学に現役合格
● 偏差値42の生徒が偏差値69にアップ
  ・・・・・


「武田式暗記術」をマスターすると、このようなことが可能になるのです。


優秀な大工は鋸やカンナなどの道具にこだわります。
良い道具を選び、手入れも入念に行います。
仕事をスムーズに進めるために必要だからです。


同様に、要領のよい受験生は初めに勉強法を習得します。
それが勉強の効率を何倍にも高める事を知っているからです。


普通の受験生でも大量の記憶が可能になる「武田式暗記術」。
いったい、どんなテクニックを使うのでしょうか?


詳細はこちらをクリック




このサイトは、林尚弘さんの「武田式暗記術」のレビュー、効果、口コミなどの情報を公開しています。




試験に受かるユダヤ式記憶術 松平勝男 口コミ


藤本式記憶術 藤本憲幸 効果


ジニアススタディ 川村明宏 内容と効果


posted by Altair2 at 12:58| 武田式暗記術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。